豊橋、豊川、新城で新築注文住宅のことなら安形建築

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

注文住宅 無垢の家 フローリング選びは慎重に(豊橋市 安形建築)

こんにちは。

本日は床材の話を(^^)/

先日豊橋市のH様邸も床貼りの施工をしました。H様邸に使用した床材は無垢の三層フロア!

フローリングは、大きく分けると「無垢フローリング」と「合板フローリング」の2タイプ。

 

合板フローリングは、温度や湿度の変化に強く、反りや伸縮がないため、

床材として寸法安定性が高い点がメリット。

水にも強く掃除がしやすいことから、キッチンやトイレ、脱衣所などの水回りに適していたり、

各床材の色や模様が均一なため、床色に統一感が欲しい場合に適しています。

 

無垢フローリングは、自然素材の風合いや木の温かみ、肌触りが最大のメリット!!

経年とともに変化していく色やツヤを楽しめるのは無垢材だけ。

家族とともにその歴史を刻み、その家だけのフローリングが完成されていきますよ。

また、木は断熱性があるため、足の裏から体温を奪われることがなく、全身の冷えを防いでくれます。

無垢フローリングは、足が疲れにくいこともメリット。

そのような点から、長い時間過ごすリビングや裸足で過ごすことの多い子供部屋には適しています。

 

「無垢材がいいな」というお客様に安形がおすすめしているのは、無垢三層フロアです。

 

三層フロアは、名の通り、木の繊維方向に対し、互いの板を直交に3枚張り合わせた3層構造です。

表面に無垢を使用のため、見た目も足触りも無垢材と変わらないのです。

最大のメリットは、互いの板を直交に貼り合わせることで、無垢材のデメリットでもある膨張や伸縮を

極力抑えられることができ、ねじれや反りが起こりにくいことで、メンテナンス性にも優れています。

また、目地がないので、カビ・ダニ・埃やゴミが入り込み難く、清潔で掃除がしやすい、健康住宅には欠かせない商品です。

 

私の住まいは、築11年目になります。1階は檜のオール無垢材を使用しているのですが…

やはり、膨張や伸縮には悩まされますよ(笑)目地にゴミや埃が入ってしまったり、

子供が小さい頃はよく飲み物や汁物をこぼして隙間に入ってしまったりと、掃除が大変でした((+_+))

でも檜材の匂いや肌触りは特別なものです。

11年目になる今は、色の変化や傷等、新築の時とはまた違った味がありいいものですよ。

 

フローリングは家の印象を左右する重要なものです。

それぞれメリットやデメリットもありますので、それぞれの特性と部屋との相性などを考慮した上で

選ぶことをおすすめします。

 

弊社の事務所は無垢三層フロアと合板カラーフロアのどちらも使用してますので、

実際に足触り等体感もしていただけますよ(^^♪

 

 

 

0532-39-8439 OPEN/9:00 - 18:00 定休日/日曜

家づくりを始める前の資金相談・ライフプラン相談からも承ります

DIY・OUTLETイベント情報資料請求/お問い合わせ