豊橋、豊川、新城で新築注文住宅のことなら安形建築

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

気密測定 高気密住宅(豊橋市 安形建築)

こんにちは。

昨日、豊橋市H様邸の気密測定に立ち会いました。

(気密測定は義務ではありませんが、お客様に安心して快適な生活を送っていただきたい想いもあり、

弊社では気密測定を行っています)

気密測定とは、住宅の隙間の面積を専用の機械を使って計算することです。

この計算によって割り出された気密性の値をC値と呼びます。

C値は0に近いほど理想とされ、C値=1.0㎠/㎡を切るくらいの住宅であれば気密性が良い住宅とされています。

 

住宅の壁、窓、屋根などの面にある隙間が少なく、機密がしっかりとられている事を「住宅の気密化」と言います。

そして、住宅の気密性能の基準を満たした住宅を「気密住宅」と言います。

 

隙間が大きいと、①エネルギーロス②計画換気ができない③断熱材の劣化④壁内結露

といったことが発生してしまいます。

しかし隙間がなく高気密だからといっていいわけではありません。

住宅には、気密だけではなく、換気機能、断熱機能も大変重要になってきます。

気密・換気・断熱!この3つのバランスが揃ってこそ、住む人が快適な日常生活が送れるでしょう。

 

弊社は、全室24時間強制換気で快適な住環境を作り上げるダクト式換気システム『ルフロ400』と

断熱材の断熱性、耐久性、耐水性の全てのポイントを高数値でクリアできる『発砲ウレタンの断熱材』を標準化し、より快適な住まい造りを提供しています。

0532-39-8439 OPEN/9:00 - 18:00 定休日/日曜

家づくりを始める前の資金相談・ライフプラン相談からも承ります

DIY・OUTLETイベント情報資料請求/お問い合わせ