豊橋、豊川、新城で新築注文住宅のことなら安形建築

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

介護保険 住宅改修 (豊橋市 安形建築)

こんにちは。先日介護保険を使っての住宅改修工事を行いました。

足腰が弱まり、普通に歩行することができなくなってしまった、

また、ふらついてしまい、よく転倒してしまうとのことで、移動する動線に手すりを付け、

段差がある箇所はスロープにし、安全に歩行ができるように施行させていただきました。

上の写真☝手すりを取付けたい箇所に納戸の扉が!

でも大丈夫。手すりの向きを変えられる物があるんですよ。

常には手すりを横向きに、扉の開閉をするときは手すりは縦向きに。

 

それでは、介護保険を使っての改修工事とはどんなものなの?って思う方もいるかと思いますで、

簡単に説明しますね。

 

愛知県東三河では、要介護(支援)認定者1人に対して20万円の費用が限度として決まっています。

ただし、かかった費用の1~3割は利用者負担となります。また、限度額の20万円を超えた金額は自己負担となります。

限度額20万円以内であれば、数回に分けて使うことも可能ですよ。

では、対象となる工事は…と言いますと

①手すりの取付け

②段差の解消

③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

④引き戸等への扉の取替え

⑤洋式便器等への便器の取替え

⑥その他①~⑤の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

です。上記の改修工事であれば大丈夫です。

 

改修工事ではなくても、対象の福祉用具購入でも1年間で10万円まで

助成金が支給される申請もありますよ。

 

申請したくても手間だし~とか、何をしたらいいのか分からない!

ってかたいらっしゃいましたら、安形がアドバイスやお手伝いしますよ。

是非お気軽にご相談ください。

 

0532-39-8439 OPEN/9:00 - 18:00 定休日/日曜

家づくりを始める前の資金相談・ライフプラン相談からも承ります

DIY・OUTLETイベント情報資料請求/お問い合わせ