豊橋、豊川、新城で新築注文住宅のことなら安形建築

躯体性能について

家中快適で心地よい生活環境

 

 

冬はホッこりあたたか、。夏は爽やかな風が吹く心地よさ。
一年をとおして気持ちの良い生活を送ることができるのがあがたの創る家です。
採光の取り入れ方や、風の抜け方、細部にまで渡り設計された構造は無駄なエネルギーを使うことなく快適な生活を送ることができます。

 

      

 

2020年以降の住宅に求められる建物自体の性能を言葉、数字で示すならば、Q値、C値が重要と考えます。

Q値(熱損失係数)とは…室内外の温度差が1℃の時、建物全体から一時間に床面積1㎡あたりに逃げだす熱量のことです。

C値(隙間相当面積)とは…家の気密性(隙間の量)を示す指標です。この数値が小さいほど気密性が高いことを示します。

噛み砕いて言いますと、こちらの数値が小さければ小さいほど建物全体が魔法ビンのような状態であるため、冷暖房の効きがよく、CO2削減にも貢献でき、ランニングコストも抑えられ、部屋ごとの温度差も少ないため、ヒートショックなどの健康面でも安心して生活が送れるということになります。

そして数値を小さくし、太陽光などを設置しますといわゆるゼロエネルギーハウス(ZEH)ということになり、各家庭内で電気を作り、使い外部から買わない生活が可能になります。

 

 

安形建築では性能の高い家も絶えず勉強し、提案いたします。ですが数値を小さくすることは質を高くすることで、初期投資もかかります。

わが社ではお客様のニーズにあった計画、提案、そしてコストの協力も精一杯行います。

 

0532-39-8439 OPEN/9:00 - 18:00 定休日/日曜

家づくりを始める前の資金相談・ライフプラン相談からも承ります

DIY・OUTLETイベント情報資料請求/お問い合わせ