豊橋、豊川、新城で新築注文住宅のことなら安形建築

耐震性について

 

地震大国日本の現状

世界中の中でも1位、2位と言われるほどの地震大国、日本。

専門家の見解によるとかなりの確率で大地震が起こると言われています。
いつ地震が起こっても安心して暮らせるよう常に備えておかなければいけません。
何より、地震が起きた時を想像し、どのように行動するかを家族で決めておくことがとても大切なことだと同様に、
地震に強い家を考えることも重要なポイントとなってきます。

大切な家族を守ってくれて、安心して暮らせる丈夫な家に住んでみませんか?

 

   

 

地震による被害の事例

 

   

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

 

安形は臨機応変に対応します

 

基本的には在来木造ならではの柱間に筋交というものを入れて揺れを保たせる工法で行っています。
ですが建物間取りなどによっては構造用面材というものを貼るパネル工法を行う場合もあります。
近年では柱梁などの欠損を最小限に抑えるため、丈夫に保つため、施工性向上のためにHSSという金物を使用するHSS金物工法を多く取り扱っております。

※HSS詳しくはここをクリック

 

   

 

耐震等級、耐震性能を上げることは倒壊のリスクを減らす上でとても重要なことです。

ですが性能を上げることは単価も上がってしまいますので、お客様の悩みの優先度によって対応させてもらっております。

なお建築基準法で一定以上の数値は義務づけされているため、依頼が無くとも、一定以上の数値は保証されています。

 

耐震強度について

 

耐震等級というものは震度6~7に倒壊、崩壊しにくい指数を表しており、等級2は1より1.25倍、等級3は1.5倍の力に耐えれることを表しています。

 

安形は地震に強い家をつくります

 

 

安形の創る家は、地震に強いことは当たりまえです!
そんな中で家族が安心して過ごしていける家を施主様と二人三脚で造りあげて

いきたいと思っております。

 

 

 

0532-39-8439 OPEN/9:00 - 18:00 定休日/日曜

家づくりを始める前の資金相談・ライフプラン相談からも承ります

DIY・OUTLETイベント情報資料請求/お問い合わせ